2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 暑中お見舞い申し上げます^^ | トップページ | もう一度食べたい!(切望 !!) »

2012年8月 6日 (月)

突風豪雨事件......

毎日暑い日が続き いい加減少しぐらい雨降ってくれてもええで^^
とか言ってたら 快晴だった空を西から黒い雲が覆いだし....

ほんと突然に突風が吹き出した!
軽トラの窓が空いていたのに気がつき 締めに外へ出た時は
くるくる回る風が見えた!
でもそれが 竜巻って訳ではなく ただ 広範囲で空気が回ってる感じ。
庭をバケツが転がる.... 慌てて拾い家の戸という戸を閉め
来るだろう雨を待っていた。

やっぱり土砂降り!それも凄い勢いで 風が回ってるから 雨も回ってる感じ!
このまま 雨をやり過ごそうと思っていた矢先、田んぼに吸水するために
近所の人が水門を閉じていた事を思い出した....

えらいこっちゃ!こりゃ川が氾濫して決壊しちゃうよ!
(て事は 家の田んぼが水浸しになる!)
って事で 慌てて合羽を着込んで軽トラに乗り走り出した。

道中 側溝が水はけ間に合わず 車道が水たまりになっていた。
何カ所か 水たまりと化した道をまたぐようにかわして水門に向かう。

やっとの思いで辿り着いた頃には 川はせき止められ水量が上がっていた。
パパが回すハンドルが重いのが見ていても伝わってくる。
ハンドルを回し終わると 関を渡って向こう側へ。
関の川をはさんだ向こう側にもハンドルがあって 水が入らないように
関をするためだ。

パパが関に飛び乗った時には 一瞬の事でびっくりしたが
同時に足を滑らせて川に落ないかと 肝を冷やした。

私はと言えば 軽トラの後ろの道は既に側溝から水が沸き
まるで池の様だ....
そこをバックで下がりながらパパが居る対岸に車を回す。
土砂降りの雨の中 雷も鳴って パパに落ちたらと慌てる(°°;)"

後はもう 雨が止むのを待つだけだ.....
家に帰ったら停電してた。広報車が停電のお知らせを流して
走っていた。


本当なら ここに書いた様な事は決してしてはいけない。
一歩間違えば命が危ない。
それでも 今の時期に田んぼに水が氾濫してしまうのを
防ぐには仕方がなかったのだが、一番腹がたったのは

「関をして水を入れた人が 適切な処置をしに来てなかった事」だ。
あれだけの川幅がある川をせき止めたのだから
管理はちゃんとして欲しい。私たちが行くまでに結構時間があった
にも関わらず 現場に人が来てなかったのは 「忘れていた」
からだろう.....

1時間後、天気は「そんな事あったの?」ってくらいケロッと晴天。
新潟では 何本も突風で電柱が折れ、神社が火事で全焼。
海岸付近の建物の屋根は吹き飛ばされ けが人も出たらしい。

何か嘘みたいな一日でした。

« 暑中お見舞い申し上げます^^ | トップページ | もう一度食べたい!(切望 !!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑中お見舞い申し上げます^^ | トップページ | もう一度食べたい!(切望 !!) »