2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 今まで 支えてくれて ありがとう | トップページ | すっかり 開店休業....あらら »

2013年6月15日 (土)

農休み

Hiranezaki1

ありさが旅立ってから もう1ヶ月以上経ちました。

これから 田んぼが忙しくなる.... っていう時期に ありさは
旅立ったので 私の中で

「きっと ありさは 母さんが悲しすぎて 何も出来なくなるかも...」

と わざわざ忙しいこの時期を選んで 旅立ったんだろうなと思えて
仕方ないのです。

ありさが 星になって2日位は 家に居て 何もする気になれず...
でしたが この時期そうも言ってられない状況に ただただ
目の前の仕事をこなしていく... という生活に 何だか
支えられていた気もします。

それこそ 悲しむ時間も持てず 次から次へ片付けなければ
ならない目の前の事に 忙殺されていく....
そんな1ヶ月でした。

田植えも無事終わり これからは水の管理や草刈等の環境設備に
没頭する毎日。

そんな毎日も 珍しいこの時期の台風の影響により
フェーン現象の猛暑に 疲れもピークなのか やる気激減...

こんな日は ”心の洗濯”をしに かなり遅れた感の"農休み”を
頂く事にしました。


Hiranezaki2

何処へ行ったかと言うと 大佐渡一週の旅rvcar

写真は 平根崎の岸壁。
この景色は ここ平根でしか見ることが出来ない絶景。
写真でも解るように 凄い傾斜で岩が海に向かって伸びている。
何度見ても 飽きない絶景です。

Tobisimakanzou

この日は 空もかなりの青空で 海も透けて底が見えるくらいの
透明度。観光するには 持って来いsign01の日和でした。

大野亀のトビシマカンゾウも ピークを過ぎ ちと枯れ気味でしたが
それでも一面黄色い絨毯に思わず ”おお~~~~”っと感嘆。

我が家はボビありが居た13年 ずっと休みだと言えば
2ワンを連れて 遊びに出るのが常で、何年か振りに訪れた
この場所も 前に来た時は 2ワンが一緒だったと思い出し。
自然をこよなく愛したボビーは 車から降りると同時に
「早く!はやくぅ~~~!!」とお気楽を引っ張り
カンゾウの花が咲く道をどんどん歩いていくって感じでした。
その後を パパに連れられありさは気ままに歩く...
この日は 空いた両手が寂しい気持ちで。ちと思い出に浸りました。

カンゾウの向こうに見える 二つの島は ”二つ亀”と呼ばれる
この大野亀と並ぶ 観光地です。

Toudaimori

相川方面から車を走らせ 大野亀、二つ亀を過ぎると 佐渡の海を守る
”弾崎灯台”があります。午後から遊びに出かけたので 丁度この時間
大野亀も弾き崎も写真を撮るには”逆光”wobbly
ほんに 悲しい.... せっかくなのにねぇcatface
でも 弾き崎灯台の展望台からは 新潟の村上辺りの山並みが
はっきり確認できるほどの視界でした。

両津側に向かって車を走らせると 対岸の姫崎灯台の向こうの方には
弥彦が見える程 この日は視界が凄くいい日でしたhappy01

なんか 直ぐ近くに新潟が見えて とっても得した気分でしたよ。

Hazikinof

弾崎灯台の直ぐ下に はじき野フィールドパーク と言うところがあって
ログハウスとオートキャンプ場が利用可能な施設なのですが、久々に
施設に入ってみたら かなり広い敷地内で燦々と太陽の日差しを浴び、
この日に限っては ”あち~~~~~~sign03coldsweats02

夏には持って来いの施設やね.... って事でしたhappy01

Gyuusuzi

我が家の 農休みの〆は "アリの巣”の牛筋煮込み。

Siawaset

他に しあわせ豆腐 と 塩鮭を焼いてもらい パパはbeer飲んで
お気楽はご飯セットで お腹を満たし 笑い、語らい....

楽しい農休みは 終わりました。

「我が家の農休み終わったね...」の一言に
また 寂しさを覚えましたが 心の洗濯をしたら また頑張らなきゃね。

色んな気持ちが入り混じった 農休みでしたconfident

« 今まで 支えてくれて ありがとう | トップページ | すっかり 開店休業....あらら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今まで 支えてくれて ありがとう | トップページ | すっかり 開店休業....あらら »